本文へスキップ






    



平成25年、盛岡市で結成。会員数29名(平成26年5月現在)。
会長 小野寺 牧子
連絡先 019−681−4406(小野寺 牧子)
 





 


1 高齢者および高齢者とのコミュニケーションを模索している人を対象にした臨床美術(クリニカルアート)体験ワークショップ 7回
2 デイケア施設で6回定期講座
 



1 岩手県共同募金会からの助成金による被災者支援事業アートサロン4回実施(盛岡市、釜石市)
2 潟tェリシモとの共催で、500色の色鉛筆寄贈学校アートワーク(岩手県内3校実施)




  

  岩手県のみなさんに臨床美術のすばらしさを知って
  もらいたいと思ったからです。


  臨床美術を知っている人がほとんどいない中で、協力者
  を探し出すのが難しかったことです。


  社会貢献につながる臨床美術を県内に普及させたいとい
  う強い思いがあれば、支持者は増えてくるということです。






 

1 ワークショップが新聞記者の目に留まり、新聞に掲載され、記事を通じて臨床美術に興味をもつ人が増えました。

2 その結果、結成当時5人だった会員が、1年で4倍以上に増えました。



 ワークショップ(年に6回)
勉強会(月1回)



 
認知症予防、心のケアを目的として、一般および高齢者を中心としたワークショップを実施し、行政による介護予防事業での採用を目指したいです。











 

ワークショップの他、月1回勉強会を実施しているので、都合のつくときはいつでも来て体験してください。

子どもの感性教育としても最適なので、小さいお子様連れも参加大歓迎です。

 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。