本文へスキップ





    



平成23年、久慈市で結成 会員数10名
会長  佐々木 容子
連絡先 0194−53−2728
(佐々木 容子) 
                




 


1 障がい者(身体、知的)通所施設における通所利用者と、地域の一人暮らし高齢者とのふれあいサロン「上長内サロン」を開催
  健康相談、介護予防、傾聴、軽体操等を行う。
2 介護予防教室の開催
  一次予防、二次予防へのサポート
3 乳幼児の一時預かり、子育て支援
  H25.11より開所。月平均30名のスタッフで運営している。地域からの支援もあり、開所にこぎつけた。
  アットホームな雰囲気でご利用の保護者から好評を得ている。
4 認知症サポーター養成講座の開催

5 その他、地元NPO団体との合同で研修、勉強会を行っている。



  
もともとは、地元のNPO団体の中で活動していたが、次第に活動目的別に事業を展開することになった。さらに、子育て支援の要望もあり結成へとつながった。

23年度から活動していたが財政的に不安定で、他団体から物品の借用で活動を維持していたが、ご近所支え合い活動助成金の支援を受け、活動を活発化できている。これにより、会員の活動への満足度が向上した。




 
        




サロンや認知症予防事業は助成事業以前から実施しており、参加者数も一定で、参加率も多い。人が集まることで互いに健康の話題で盛り上がり、健康意識が向上している。

地域住民との交流の機会が増え、活動する者の生活にハリがでてきている。

健康相談、傾聴、子育て支援等で専門性を活かすことができている。

住民との交流が増え、地域の活性化につながっている。



 認知症予防事業(一次、二次) 年間10回
サロン活動 年間12回
子育て支援 年32回
認知症サポーター養成講座 年1回



 
現在は、各事業の担当者を固定化しているが、事業の継続、発展させるためには、複数が担当できるように調整していく。

今までの事業は継続し、設備をさらに充実させる。

専門性を活かした事業をさらに進めていく。



                
 

少ないメンバーで行っているため、スケジュール調整に頭を悩ますが、継続できているのは、全員が「自分の職業を活かして社会の役に立っていたい」との思いを強く持ち、実践してるからだと思う。

私たちが、赤ちゃんからお年寄りまで楽しくお相手しますよ!

 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。