本文へスキップ







平成25年、奥州市で結成 会員数25名
会長  千田 敏彦
連絡先 0197−23−8011 事務局 佐藤 まゆみ
 



奥州市前沢区陣場にある50アールの協働農場で、地元の農家の方々の協力を得て、東日本大震災で被災された方々と十数種類の野菜を作る活動

助成事業以外の活動
奥州市の中心街、被災者のための「たまり場ビュー」で、「ホープラザ奥州」を開設。ワークショップや勉強会等を開催
一か月あたりの参加者数は、100人前後


 
東日本大震災直後は、奥州市前沢区生母地区で「米一升運動」をし、沿岸に運んだ。それをきっかけに、その地区の被災者の生きがいづくりの場として20アールで農作業を始め、月1〜2回の被災者の活動となった。
内陸への避難者も、みなし仮設で独立している方が多く、農作業やワークショップを通じて新しいコミュニティは重要である。


月に4〜5回



農作業は、育てる喜び、収穫を皆で祝う喜びが多く、収穫物も仮設の隣へおすそ分けをし、新しい関係ができるなど輪も広がっている。

参加者は60〜80代と高齢者ばかりで、体の不調から、年々、参加数が減っている。



当法人の取組は、被災者の自主性と重視した内容がほとんどである。作ってみたい野菜、学んでみたいワークショップ、常にヒアリングしながら進み、被災者だけでも年間2000近い参加者数となっている。


 

 
 
    岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
   盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。