本文へスキップ





    


平成16年、奥州市で結成。会員数68名。
会長 高橋 安三郎
連絡先 0197−24−4736(村上 徳也)
 





 


 事業名 「いきいき人生 ふる里賛歌」
 水沢南大鐘寿会が設立10周年を迎えたことを記念し、会の中で「演芸みなみ寿座」を結成した。これは、長年培った高齢者の豊かな経験や知恵、そして趣味等を生かして社会参加活動をすすめようとするもの。
 
〇「演芸みなみ寿座」出前公演ステージ
公演内容:舞踊、マジック、歌、ギター演奏、フラメンコなど
 ・震災復興支援被災地仮設施設訪問公演(釜石市、大槌町、陸前高田市)
 ・福祉施設への公演(奥州市内の介護施設など)
 ・高齢者向けの催事(奥州市水沢老人クラブ演芸大会、老人クラブ連合会女性部研修)
 ・ふるさとみなみまつりへの参加
 ・三世代間交流会(子供会など)
 

その他の主な事業
・水沢南地区きいきシルバースポーツ大会、ふれあい芋の子会交流懇親会、ルンルン三世代交流、新春あいさつ交賀会、きれいなまちづくり花いっぱい運動、いきいき人生シネマみなみ劇場、演芸みなみ寿座ボランティア出前公演

他団体への参加および協力事業
・健康づくり早朝グランドゴルフ、国際チャレンジデー参加、ふれあいふるさと盆踊りの夕べ、町内会主催「敬老会」、水沢南地区市民運動会、水沢南小学校昔の遊びの講師協力、水沢老人クラブ連合会演芸大会参加、児童安全ふれあい見守り活動



  

東日本大震災により被災した大槌町の被災者が我が地域で避難生活に入ったことにより、日用品や暖房器具、生活資材などを持ち寄って支援を行った。

その後、被災地の仮設住宅のみなさんに笑顔を届け、暮らしの癒しに役立てばと、会員の中から芸達者な有志を募り、「演芸みなみ寿座」を結成した。

地域の踊りのグループや趣味で腕を磨いた芸達者、さらにはマジック、フラメンコ、歌謡など交流を深めていた他団体からも仲間が応援に駆け付けてくれた。訪問交流ステージは3〜7人編成で、被災地の仮設住宅や福祉施設に出向き、公演活動を行い、活動の輪を広げている。

当初、ステージ資材をどのように確保するか課題となっていたが、いきいき岩手支援財団の助成により、太鼓・拍子木・袢纏・のぼりなどを揃えることができた。公演は楽しいものとなった。
個々の費用はすべて自前で、「費用は自弁、報酬は感動、心の豊かさ完全支給」を信条にボランティア協力で実施している。

市内での参加は自己負担で、沿岸の仮設住宅訪問公演は長距離運行という悩みがあったが、地域の自動車学校のバス運行の協力により、マジック用具や関係資材等も一緒に積むことができ、震災復興支援に大きな力となった。



  ・被災地復興支援仮設訪問ステージ 年2回
  ・老人クラブ、福祉施設、ケアセンターへの訪問 年3〜5回
  ・その他、関係団体、関連施設への訪問 年5〜6回


 ・被災地仮説訪問交流ステージ公演は毎年継続する予定。さらに、福祉施設や地域の各種催事等にもボランティア公演を広げる予定。

 ・ステージの演目を増やし、さらにバラエティに富んだ楽しい公演を目指す。

 ・本助成金により、平成26〜27年度は被災地支援等を実施し、活動の場も広がっているが、ボランティア活動を基本とする公演ステージの継続にも必要最小限の運営費用等の検討を必要としている。






 




出前公演はマスコミで紹介され、口コミでも広がり、多くの人に我々の活動を知っていただけた。また、被災者の皆さんと直接お話をする機会があり、震災を「忘れない、風化させない」と復興支援への思いを深く心に刻んだ。

何も準備がない状況からのスタートだったが、多くの方が主体的に参加してくれて、関係グループ、福祉作業所との連携や日常的な交流にも発展するなど、元気な高齢者による地域での社会参加を実践できた。

芸達者な会員ボランティアの協力によって被災地の仮設住宅に訪問し、「笑顔・元気」を贈り、お茶っこ懇談では仮設での避難生活の厳しい現状を学ぶ機会ともなった。





 
・「今日を楽しく 明日に希望?」をモットーに毎月役員会を開催。事業の実施には世話人会を設けて一人一役運動を提唱し、連携を密に活動しています。

・高齢者いきいきサロンには、会員以外でも自由に参加し、男女の割合は半々、30人を超える参加者。健康に関わる講和や歌・ゲーム、懇談と盛大に賑わっている。

・新事業などは、何気ない自由な会話からふとアイデアが生まれ、それに皆が喜んで、汗を流して取り組んでいる。演を通じた古流、他団体との交流事業を企画し、仲間づくり、元気高齢者の輪を広げ、地域の社会参加の機会をつくっている。







 

 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。