本文へスキップ







平成25年、滝沢市で結成 会員数28名
代表  佐藤 勲
連絡先 019−688−2968(佐藤 勲)
 




 


「減塩で健康長寿」事業
 @講演会
  「脳卒中と減塩について」
  講師 岩手大学 立身政信教授
 A減塩調理実習 3回
  講師 岩手県栄養士会理事 高橋ヒサ子先生
  ・減塩料理の基本…座学「減塩と血圧の関係」
  ・減塩麺料理…座学「たん白質について」
  ・缶詰利用の男の料理…座学「加工食品の塩分、Naの塩分計算」
 B尿内塩分測定
  ・毎月1回集会の際に実施。各人の尿を採取し、試験紙にて測定


助成事業以外の活動
毎月1回集会を開き、座学、調理体験、昼食会を行う。
 その他、温泉、花見、ウォーキングなど


  
結成のきっかけ
 佐藤代表が、食道がん、代表の奥様が腎臓がんとなり、その体験から、健康・医療など各制度に無知であったことを痛感し、広く啓蒙する必要性を感じて団体の結成へとつながった。

助成事業の企画のきっかけ
 岩手県が脳卒中日本一という記事を広報誌などで知り、減塩生活の実現への取組を始めた。

「減塩運動」を県全体で取り組む必要性を強く感じている。現状では、関係機関の各セクションが個別に動いているように見受けられ、大切な情報が必要としている人(県民)に届いていないように感る。窓口を一本化し、希望郷「減塩」もしくは「健康」いわて宣言!!ぐらいはしてもらいたいと考える。



         
 
        




病気のことや食事の内容、特に減塩について気をつかうようになった。
外食を控えるようになった。

「減塩で健康長寿」は全県で取り組むべきと考える。


 月に1〜2回

 
・地域の見守り活動にも取り組みたいが、以下の課題がある。
 会員の住居が点在しているため、日常の交流が難しい。
 会員は高齢者であるためパソコンの利用者が少ない。
 移動には車が必要。






               
 
この会の特色は、「柳沢日曜朝市」(産直)の会員が多いため、情報交換がしやすい。

 
 
    岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
   盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。