本文へスキップ







平成26年、北上市で結成 会員数37名
代表  斎藤 彰吾
連絡先 0197−63−4858(斎藤 彰吾)



 


北上市内の展勝地を中心とした古代文化を探り「歴史の道」を開発する。

 1、調査活動
 展勝地地域の地勢(稲瀬火山岩)調査を行い、この地を中心に発展した古代文化を探る活動
 2、地域調査活動報告
 啓発資料「稲瀬火山岩層のワンダーランド」を作成
 3、地域住民に向けて地元の歴史・文化をテーマに学習会を開催

  

 昭和63年、東北学研究誌「北天塾」を創刊し、毎年発行。10号まで続けた。平成26年、当時のメンバーを中心に、その研究誌を継承、発展させることを目的に「北天塾サロンン」を発足。
地域の歴史、文化を、学術等の調査内容をもとにしながらも、既成の枠にこだわらなずに調査、研究、発表をしている。


月1回程度、年10〜12回


北上市の展勝地は、桜の名所として有名であるが、調査過程の中で、地形が歴史・文化に影響を及ぼしていることが分かり、地域の歴史・文化に対して深い理解を得ることができた。
今後も市民に呼びかけ「パワースポット巡り」「ジオヒストリー」など、当会の行事に参加を呼びかけたい。
 


2021年の展勝地開園100年に向けて奇岩の道を開発し、新たな観光スポットとしたい。


当会の会員は、詩人、農業、商業関係など多様なメンバーで構成されており、柔軟な発想で地元の歴史を研究し、市民に向けて発表している。このような取り組みが、従来の歴史研究を発展させ、地域文化の啓発の一助となっている。
 

 


 
 
岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
   盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。