本文へスキップ

-




    

平成16年、一関市で結成。会員数14名。
代表 佐藤 軍治
連絡先 0191−25−4125(佐藤軍治)



 


(1)月に一度の定例研修会
 ・1ヵ月のボランティア活動の総括
 ・一関地区に伝わる伝説、昔話のお話づくり(昔話・伝説をいちのせきの方言に翻訳する作業)
 ・方言を標準語に翻訳する作業、標準語を方言やなまりに翻訳する作業
(2)ボランティア活動
 ・市内各所(一関図書館、各地区元気いきいきサロン、介護施設、世代間交流授業など)に訪問し、昔話を語る
 ・年18回
 ・参加延べ人数576人
(3)他団体との交流研修会
 ・花泉語り部「泉の里、「くりこま昔話」「いわいの里ガイドの会」「水沢プレアデスの会」等との交流研修
(4)歴史探訪会
 ・由緒ある史跡、名刹、民俗がを研究する先駆者を訪ねる旅
(5)一関の伝説、昔話「おらほの昔がたり第2集」の発刊

 

平成15年、一関市中里公民館主催事業である「語り部養成講座」の受講生が、学んだことを地域にお返ししようと考え、結成した。
特に、以下のな目的で活動をしている。

・一関地区に古くから伝わる伝説、昔話を掘り起し、語り部のボランティア活動を通して後世に語り継いでいく。
・表現力豊かな方言やなまりを後世に残す活動をしたい。
・昔話を語るボランティア活動を通して、高齢者を元気づけたい。




・定例研修会…毎月第2金曜
・ボランティア活動 随時
・他団体との交流研修会 年1回
・歴史探訪 年1回






・公民館事業で学んだことを地域社会に還元するという、社会教育の基本・目標に沿った活動だと自負している。

・後期高齢者の集まりであるが、元気に明るくボランティア活動に取り組みたい。



 

・一関市シニア活動プラザの広報誌や新聞等に取り上げられ、伝説、昔話に対する関心が広まった
・方言やなまりの持つ情緒あふれる表現力の豊かさは、地域の文化であるとういうことの理解が広まってきている。
・活動を通じ、会員自身が成長していると実感する。
・昔話をの底辺に流れるのは「人間のやさしさ」である。昔話を聞いて涙を流される人もいて、活動してよかったと実感する。




・他団体との研修交流会、歴史探訪会の工夫
・地域で公開する方法を模索したい
・児童、幼児向けの昔話の開拓にも力を注ぎたい









 
 
    岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
   盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。