本文へスキップ





    


平成28、滝沢市で結成 会員数20名
会長 黒澤明夫



 

滝沢市巣子地域の玄関口である巣子駅前広場ロータリーに、滝沢市の花「ヤマユリ」を植栽し、巣子駅前広場ロータリーの環境整備を図っている。
準備として草刈りの他、土壌改良として黒土を20u投入した。ヤマユリの植栽地を広げるため、その他2ヵ所にも植栽した。

 

・会員の大半が地域の老人クラブやまちづくり推進員会に所属しており、そこでの活動は、いきいきサロンの当番、地域活動センター周辺の清掃活動、ゲートボール大会の主催、クリスマス会の実施などである。


  
団体結成の動機…地域には従来20年くらい前から東部地域まちづくり推進委員会があり、地域の環境整備事業に取り組んでいた。滝沢市の花「ヤマユリ」を植栽・保存することを主な目的として活動してきたが、市当局の助成支援は乏しく、植栽拡大を広められなかった。そこで、市から、ご近所支え合い活動助成金の紹介を受け、このことをきっかけに正式に団体を結成した。

経緯・苦労した点…助成申請の内容が難しく、その後、関係団体(自治体、老人クラブ、まちづくり推進委員会)への説明、さらに賛同者(会員)確保に苦労した。

団体結成のために必要だと気づいた点…丁寧な説明と実現へのあきらめない気持ちが必要





・今後の予定…通年で楽しめる花苗植栽

課題…花苗を植栽すると頻繁に水やり、草取りが必要になるので、作業員の体制構築が課題となる。

取り組んでみたいこと…県内ならびに近県のヤマユリ植栽地の視察と担当者との意見交換。


 


・実施期間5ヵ月中、月に1回(年5回)の活動)


 ・事業実施後の地域の変化…巣子駅前ロータリーならびに駅に通じる道路沿いの草刈りが定期的に実施され、地域の玄関口にふさわしい環境整備が図られた。夏には、ヤマユリが咲くとさらに見栄えがよくなると思われる。

参加者の感想…「作業は大変だが、住んでいる地域がきれいになってすっきりするし、人の役に立つのは気持ちがよい」など

実施て良かった点…参加した高齢者の生きがい効果があったことと、交流が図られたこと。

改善点…通年楽しめる花苗植栽を図るとともに活動参加人数を増やすこと。




特色…市の花「ヤマユリ」の植栽保存活動を市内で唯一民間で取り組んでいる団体であること。

意識していること…数あるユリの花の原種であり継続して育てることが難しいヤマユリを市内から絶やさないために、息長く植栽保存活動に取り組むこと。




 
 

 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。