本文へスキップ





    


平成25年、軽米町で結成 会員数12名
会長 竹澤 ユヲ子
連絡先 0195−46−3560(竹澤 ユヲ子)
 



 

介護者の心身の健康を願い、また、認知症の正しい理解を深めるために活動
1 介護者のつどいの定例開催 年8回 延参加者91名
2 出張介護者のつどい「ゆったりサロン」開催 年3回 延参加者70名
3 家族介護者や認知症に関する啓発活動(広報誌作成、配布)

 

1 軽米町地域包括ケア推進協議会及び包括ケア研修会へ参加
2 家族介護者教室(町、県立病院主催)への参加
3 各種研修会への参加(成年後見制度、認知症について等)

  
岩手県立軽米病院と町で開催する「家族介護者教室」に参加したことをきっかけに、介護者の悩みや工夫など情報交換をする場が必要と考え、平成25年10月30日に「ゆったり介護の会」を設立。

 地域包括支援センター職員の支援を受けながら、町内の中心部で「介護者のつどい」を行ってきた。介護で家を離れられない方、交通手段がなく参加できない方、潜在的に悩みを抱えている方のために、出前サロンが必要と考え、助成金をお願いした。



 


・毎月第3水曜日 午後1時30分〜3時30分
・役員会(随時)




・高齢者ドライバーの免許証返納等に関する勉強会(講師:警察署、町担当課)
・認知症の方への接し方など、色々な場面を寸劇で表現し、理解を広める活動を行いたい。
・参加者が徐々に増えてきたことで、運営スタッフの数が足りないことが課題。






・高齢者等の交流の場となり、介護者同士の連帯感、安心感が生まれた。

・参加者からは「他の介護者の経験や工夫を聞き、取り入れ、介護に活かすことができた。また、参加して心が軽くなった」との感想がある。
また、町中心部だけでなく、地域に出向いて開催した「つどい」には多くの参加があり、「また来てほしい」「うちの地域に来てほしい」との声が上がっている。町の放送で「介護者のつどい」と聞いただけで元気をもらっているという声も聞く。

・最近は、ゆったり介護の会に興味、関心を持った新しい参加者(特に男性介護者)が増えてきている。

・改善点は、つどいの中で、個別の相談や悩みを聞ける時間を設けること。



介護の方法は、みんな違って、みんな良い。
介護者のつどいでは、大きな声で笑い、しゃべり、泣き、いろいろ吐き出せる。そして、心がゆったりする。
介護の辛さが喜びに変わる瞬間があり、感動に変わる。そして喜びは宝物に。それがゆったり介護の目指すこと。

 
 

 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。