本文へスキップ




厳美地区老人クラブ連絡協議会    

 

昭和51年、一関市で設立。会員数390名。
会長 千葉 秋雄
連絡先 0191−29−2541(事務局 佐々木 堅)
 

 



1紙芝居制作事業
 厳美渓に伝わる「小松姫物語」の紙芝居制作、公演活動

2花壇整備
 厳美中央花壇の土壌の荒廃を防ぐため、堆肥を投入による土地改良、草刈り作業など

3慰問活動
 踊り等の芸能による地元の高齢者施設への慰問活動


 

平泉世界遺産に拡張登録をめざす骨寺村荘園遺跡について、郷土文化を深めるための現地見学会を実施。

高齢者の転倒・骨折・寝たきり予防のための健康教室を開催。

  


1 紙芝居については、若い世代に広げる目的があり、そのためには女性の方が効果的と判断し、老人クラブ女性部の活動として取り組んだ。

小中学校で紙芝居公演を行い、「とても珍しいものを見ることが出来てよかった」などと、高い評価を得た。

2 花壇整備は、継続的な管理ができるよう、各会員の協力で行った。お互いの役割意識、協力意識が高くなってきた。


 

高齢者は、長い老後を心豊かに充実感を持って生きていくためには、社会と何らかの関わりを持ち、社会活動を展開することが有効である。

そのことで、より一層生き甲斐ある生活を送ることができる。










 

・紙芝居公演は、各地区を巡回して開催する。

・猊鼻渓中央花壇も引き続き整備を進める。

・演芸慰問は、未実施施設へ訪問し、施設との交流機会を増やす。



 










 


 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。