本文へスキップ



NPO法人けせん・まちの保健室    



平成18年、大船渡市で結成 会員数26名
代表 畑中 幹子
連絡先 0192−27−2477(畑中 幹子)
 


介護予防事業  みんなで元気度アップ教室
1、実施期間 24年4月1日〜25年3月31日
2、実施場所 2か所 @永沢仮設団地 A地の森いこいの家
3、プログラム( 10:00〜13:00 )
  血圧測定 健康チェック(睡眠、食事、排泄、運動、気になること)、口腔体操 みんなで歌おう、筋力アップ体操(健康運動士)、
  輪投げ等ゲーム等
4、参加者 2会場で毎月約35人〜40人 
 
 
 
介護予防事業 いきいきサロン
24年4月〜25年3月 毎月2回  実施場所 東町公演仮設団地 
実施内容は、助成事業と同じ(昼食は出さずお茶会のみ)
参加者数は5人〜10人

定期開設出前保健室
毎月第1月曜日 9:30〜12:00  場所 サンリアSC いこいの広場
内容 血圧測定 体重測定 健康相談 栄養相談・指導 傾聴

あすなろホーム健康チェック支援(障がい者就労施設)
年3回(6,10,2月) 
内容 血圧測定 握力測定 体重測定 日常生活行動状況チェック 健康ミニ講話 ストレッチ体操

すこやかクラブ血圧測定
毎月1回 最終水曜日 9:30〜10:30

生活習慣病予防事業 栄養バランス支援
県外支援団体と共催で実施 平成25年2月 黒土田仮設団地
内容 シリコンスチーマーの使い方 調理 試食会


  



 

医療職を退職した有志が集まって、それまでの経験を社会のために活かそうという動機で結成した。

設立までの経緯
平成14年、任意団体で活動を始めた。同時期に、「気仙健康長寿の里構想」がスタート。理念の一致によりNPO法人を設立し、協働団体として現在に至る。

団体結成のために必要だと気付いた点
特定非営利活動法人促進法の熟知は避けられない。殊に、税関係・登記事項など分からない(理解しがたい)ことが多い。

 

介護予防事業  年44回
出前保健事業  年82回
生活習慣病予防事業  1回


 

介護予防事業
平成18年から実施している。震災後も参加していた人たちから「ぜひ、仮設に来てほしい」との要望があり、参加費なしでで行っている。

出前保健事業
 定期開設出前保健室は、平成14年から実施。住民の認知度は定着している。震災直後は毎週実施した。なかでも、災害時に実施できたことは、とても有用なことであったと実感している。

・当法人の活動は地域に周知されている。活動回数が多いのも、要望があって出向いている結果であると考えている。

・その他の事業効果として、行政が行う各種事業に協働の場が増えきたこと。

 

・現在の事業を継続する。

・資格者が就労して活動できる会員が不足している。

 

平成14年から10年間継続してきた。行政、地域住民と顔の見える団体であったことから、災害時の救護から出前保健室、福祉避難所対応ができた。
 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。