本文へスキップ




北の街ナツメロ合奏団    

 

平成10年、盛岡市で結成 会員数22名 代表 北田 治子

連絡先 019-647-0397(事務局 茅森 吉則)


 

・マンドリン、ギター、和楽器を中心とした合奏と独唱による合奏団を、平均年齢70歳超の高齢者で編成。

・高齢者福祉施設、高齢者団体、公民館、被災地、過疎地などに出向き、懐かしい唱歌などを演奏。
 聴く人に元気と安らぎを与えるボランティア活動を行っている。

山田町グランド仮設住宅の2か所で「新緑ライブ」を開催(平成24年5月22日)
久慈マンドリン音楽の夕べ出演
高齢者大学やまびこ会および岩姫会で演奏

※第1、第3土曜日、盛岡市松園公民館で合同練習を行っている

 

 陸前高田市小友地区高齢者教室「ホットするコンサート」出演
岩泉町小川地区高齢者学級「懐メロコンサート」出演
盛岡市紅葉丘町内会敬老会出演
来不方大学院講座演奏(盛岡市中央公民館)
盛岡市緑が丘2丁目公民館祭り出演
高齢者施設「さくらぎの里」演奏会
盛岡市中堤町内会「うたの会」
一戸町文化芸術NPOナツメロコンサート出演
  












原則として、毎月第1、第3土曜日に練習している。
 

「現役を引退し、第二の人生を歩む高齢者が、楽器演奏などそれぞれの特技を生かし、音楽演奏を通じて人々に感動を与える活動をやってみよう」という意気込みに共鳴した少人数のメンバーでスタート。

その後、各パートのバランスのよい楽団編成のため、市広報に団員募集の記事を掲載するなどしたが、なかなか集まらず難航。

それでも、ボランティアでの活動内容が少しずつ知れ渡り、徐々に団員が集まった。

現在、団員は22名。各パートも充実し、マンドリンオーケストラの体制を整えるに至った。

多くの人々に音楽の感動を与え、喜んでいただこうという会員の熱い思いが活動を継続するための支えとなっている。











 

ある会場で開催した演奏会のアンケート結果では、ほとんどの人から「大変良かった」と回答いただいた。

また、感想では、「合奏、独奏が素晴らしい。素敵に年を重ねていて見習いたい」「とても素晴らしい時間を過ごさせていただいた」「元気の出る企画ありがとう」などという言葉が寄せられた。

こうした感想は24年度に開催した全ての演奏会で寄せられている。
今後も演奏技術をさらに向上させ、被災地、高齢者施設、地域公民館などに積極的に出向き、音楽の素晴らしさと多くの人々に元気と安らぎを与える活動を行いたい。

 

高齢者での編成ということで、行動力や活動経費確保などにハンディはあるが、県などの助成をいただき、会員が協力して県内各地に積極的に出向き、活発な活動を展開したい









 

平均年齢70歳を超す元気な高齢者グループです。団員の中には、玄人はだしの高い演奏技術を持っている者もおり、多くの方々に、感動的な演奏を提供できると思います。

可能な限り県内各地、どこへでも、手弁当、自前での交通手段を確保してのボランティア活動に伺います

 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。