本文へスキップ




小友丁亥会ふれあいクラブ    



平成24年結成 陸前高田市 会員数21名
代表世話人 吉田 幹夫
連絡先 0192−26−2067(事務局 細谷ミサヲ)
 


 



1 地域内の高齢者が、被災農地にひまわり等の花や野菜を植えて交流を深めながら美しい景観づくりをする。
2 家庭に眠っている古着などを利用して、洋服のリフォームなど、簡単な手仕事を楽しみながら交流を図る。
3 東日本大震災のことを話し合ったり、教訓を伝えていく。
 



○ 被災地へ菜の花を植える活動を行っているグリーン・アース・キャラバンへ、菜の花の種まきなどの協力
○ 日本家庭園芸協会が被災地で行っている花いっぱいキャンペーンへの協力で、小友小学校の花壇づくりを手伝った。
○ 東日本大震災の記録集「3.11あの日から明日へ」の発行

  





○ 畑の作業や洋服のリフォーム講習会には、仮設住宅に
  暮らす方々の参加あり、事業の実施を心待ちにしてい
  た。参加者がとても多く、たくさんの人との交流がはから
  れた。

○ ひまわり、グラジオラス、ダリア、コスモスの花が、6月か
  ら10月まで次々と咲き、道行く人の目を楽しませるとと
  もに、お盆の供養花として配ることができた。

○ 震災の文集作りでは、書くことを通じて、それぞれの震災
  の経験を見つめ直し、新たな生活に向かう気持ちの整理
  などに役だっていると思う。




○ 花の観賞会と交流会
○ フラワーアレンジメント講習会
○ リフォーム講習会
○ グリーンアースキャラバンの草刈りおよび菜種の
  収穫作業


 

平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、各地に甚大な被害をもたらした。
陸前高田市小友町でも、たくさんの人命が失われ、農地は壊滅的な被害を受けた。

震災で亡くなった人の鎮魂と街の復興への意欲を失わないようにと願って(特に高齢者が)、中学時代の同級生が集まり、被災農地にひまわりの花を植えたことがきっかけで、団体発足へと発展した。




会全体で行う活動は月2回、その他随時(月5回)ほど、草刈り、草取りを行っている。








 
当団体は、昭和22年生まれの団塊の世代(同級生)が中心になって結成し、仮設住宅に暮らす高齢者や地域住民、県内外から訪れるボランティアなどの協力を得ながら活動を展開してきた。

今後もこのスタンスは維持しながら、より地域に開かれた活動にするために、様々な工夫や努力を重ねていきたいと考えている。

 


 
 
 
  岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンターは特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会が岩手県からの委託事業として運営を行っています。
 盛岡駅西口 いわて県民情報交流センター(通称アイーナ)6F 高齢者活動交流プラザ内に位置します。