事業報告2006 
事業名 いわて男女共同参画フェスティバル2006
いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 ■男女共同参画の視点に立った意識改革
□女性の参画拡大における男女共同参画の推進 
□労働の場における男女共同参画の推進
□家庭・地域における男女共同参画の推進
□女性の健康支援と女性に対する暴力への対処
期待される効果  @県民が男女共同参画に興味・関心をもつ、あるいは理解を深める機会を提供することができる。
A県民の集いを通して、各地の男女共同参画関する課題や取り組みを共有することができる。
B県民に対する男女共同参画センターの周知や活用の促進を図ることができる。 
目的 国や県の定める男女共同参画推進月間に呼応し、岩手県民を対象に男女共同参画の普及・啓発活動を推進する目的で実施する。
日時 2006年6月25日(日)10:00〜16:00
場所 いわて県民情報交流センター(アイーナ)
参加人数 延べ 1、000人 
内容 10:00〜10:15 
開会式
○実行委員長開会宣言
○主催者挨拶
○祝辞(岩手県議会議長、岩手県女性団体連絡協議会会長)

10:15〜11:00 
基調講演「男女が共に築く“夢県土いわて”の実現に向けて」
岩手県知事 増田寛也

11:00〜12:30
リレートーク「ともに輝く明日をめざして」
コーディネーター:岩手県立大学総合政策学部教授 吉野英岐さん
パネリスト
・NPO活動交流センター 高井昭平さん
・青少年活動交流センター 小野寺禎夫さん
・子育てサポートセンター 両川いずみさん
・国際交流センター 長内和則さん
・環境学習交流センター 菅原悦造さん
・男女共同参画センター 立花淑子さん

13:30〜15:00
分科会
@「男女共同参画社会の実現を目指して」
(いわて男女共同参画サポーターの会)
A「老後の安心は「情報」から」
(盛岡高齢社会をよくする女性の会)
B「子どもの心豊かな成長を願ってー今、家族のやれることー」
(ゆずり葉の会)
C「CAPおとなワークショップ〜中学生にも伝えたい!自分を大切にする心〜(中学生暴力防止プログラム)より」
(CAP岩手)
D「女性と健康〜乳がん・子宮がんの検診受けた?受けてない?どうして受けてない?〜アンケートから」(新日本婦人の会盛岡支部)
E「子や孫に伝えたい食の技」
(岩手県生活研究グループ連絡協議会)
F「ピラティス」(グループ:ピラティス)
G「家族経営協定で、農業と生活のビジョンを描こう!」
(岩手農業農村指導士会花巻支部)
H「ベアテ・ゴードンさんを知っていますか?」
(男女共同参画を考えるもんめの会)
I寸劇「葬儀における本家の嫁の立場」
(千厩男女共同参画推進の会)
J「世界各国にみる男女共同参画」
(フェスティバル2006実行委員会)
K「自分の感性磨きませんか?いわてダイヤモンド学院1日体験入学」
(いわてヌエックの会2003盛岡地区&アダム&イーブん)
L「語って、気づいて変わる―2005年度ママいきいき講座の報告−」
(私たちの女性センターを実現する会)
M「子どもたちの未来の為に今私たちができること〜家事・育児・介護のアンケート結果及び海外(ドイツ・ノルウェー)研修報告〜」
(子どもたちの教育と未来を考える会)

*展示・販売(19団体) 9:30〜15:30