事業報告2009
事業名 市町村男女共同参画担当職員研修会 
いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 ■男女共同参画の視点に立った意識改革
□女性の参画拡大における男女共同参画の推進 
□労働の場における男女共同参画の推進
□家庭・地域における男女共同参画の推進
□女性の健康支援と女性に対する暴力への大所
目的 男女共同参画の視点や課題に対する理解を深めるとともに、センターと市町村担当職員、又は市町村間の連携を図ることを目的に実施する。
日時 1回目:2009年5月29日(金) 参加者27人
2回目:2009年10月14日(木)~15日(金) 参加者46人(延べ2日間)
場所  いわて県民情報交流センター(アイーナ)6階 団体活動室 
対象 市町村男女共同参画担当職員
内容  <1回目>2009年5月29日(金)10:30~15:30
・平成21年度センター事業説明
・講義「岩手県の男女共同参画施策について」
 講師:岩手県青少年・男女共同参画課総括課長
・グループ別意見交換会「地域ですすめる男女共同参画」

<2回目>2009年10月14日(木)13:30~17:30
1日目テーマ:男女共同参画推進施策について
(1)講義「自治体の男女共同参画政策~国・地方公共団体の課題と展望」
講師:遠藤恵子さん(財団法人せんだい男女共同参画財団理事長) 

講義の概要
1.男女共同参画社会基本法から10年、改めて「男女共同参画」とは
2.男女共同参画とジェンダー
3.ジェンダー問題の現状
4.男女共同参画への誤解・曲解
5.男女共同参画社会づくりに向けて
6.取り組み事例


(写真:中央奥)統計資料を用いながら、男女共同参画の現状をわかりやすく説明する遠藤恵子さん

(2)市町村事例発表(パワーポイント使用)
事例1:釜石市男女共同参画推進プラン
事例2:きたかみ男女共同参画プラン
事例3:田野畑村男女共同参画計画(仮称)

(3)情報交流会

2009年10月15日(金)9:15~12:30 
2日目テーマ 男女共同事業づくり
講義・ワークショップ「わたしがすすめる協働参画~学びから実践へ」
講師:工藤 緑さん(NPO法人青森県男女共同参画研究所)

講義の概要
1.男女共同参画社会推進への理解普及活動
2.NPO法人青森県男女共同参画研究所活動内容
3.ワークショップ「架空の自治体を想定してのプラクティス」

 
(写真)グループに分かれての共同作業。 
参加者の声 ・男女共同参画はどうしても女性だけの課題と捉えがちになっていましたが、男性にも関係していることが分かりました。自治体職員の仕事の最優先は「住民に安心安全な暮らしを守ること」と遠藤先生が指摘されましたが、まさしくその通りで、男女共同参画の推進もさらに積極的な取り組みが必要だと痛感しました。
・先進地の事例発表にかなり刺激されました。
・他の自治体の方々と話すことができて良かったと思います。同じ問題を抱えていたり、別の問題を抱えていたりと互いの苦労話を聞くことができました。
・普段一人で事業を考えているので、グループワークは新鮮で有意義だった。
・一緒に参加したみなさんとののネットワークを活かし、行政としての課題を解決したいと思います。
 担当者より 北東北のネットワークを活かし、隣県である青森、宮城から先駆的な活動を続けておられる講師陣を招いて実施いたしました。また県内市町村のご担当者にも事例発表いただき、各地の現状や課題の共有化を図る事が出来ました。顔のみえる本研修会のような集まりを大切に、今後もセンターと市町村、そして市町村同士のネットワークを育みながら男女共同参画の事業を推進してまいりたいと思います。