事業報告2010
事業名 「パネル展示 人身取引と女性に対する暴力をなくすために」
いちのせきやさしいチカラフェスティバル 展示コーナー
いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 ■男女共同参画の視点に立った意識改革
□女性の参画拡大における男女共同参画の推進 
□労働の場における男女共同参画の推進
□家庭・地域における男女共同参画の推進
■女性の健康支援と女性に対する暴力への対処
目的 アジアは人身取引が頻発している地域の一つで、アジアの経済大国である日本は主要な人身取引の目的国の一つとなっています。人身取引の被害はとりわけ女性と児童に対して深刻な問題となっており、人道的観点からも迅速・的確な対応が求められています。そこで岩手において在住外国人が数多く暮らす県南で人身取引の実態と防止策について意識啓発を図ることを目的に本パネル展示を開催いたします。
日時 2010年11月28日(日)12:00~16:00
場所 一関文化ホール 特設展示コーナー
内容 ○パネル展示・解説
○岩手県男女共同参画センターPR

展示風景の写真はこちら→PDF
備考 本事業は、一関市主催「いちのせきやさしいチカラフェスティバル」の後援関連事業として、男女共同参画担当課(一関市協働推進課)との協働で開催いたしました。
担当者より 人がたくさん集まるイベントの中で、人身取引について伝える機会をいただくことができました。在住外国人が最も多い県南では、多文化共生にかかる事業が熱心におこなわれていますが、人身取引について知る機会は多くはないようです。今回を機に日常的にこの問題をさらに多くの方に気付いて、知っていただくようセンターからも情報発信を続けたいと思います。何より、今回、展示・解説のために一関にお伺いし、センターの存在を知らない方が数多くいることを痛感しました。センターは盛岡の中心地にあるがゆえに、遠隔地に暮らす県民に目を向けたのPR、事業おこしが大切だと感じています。一関市の男女共同参画担当課の方々と今後ますます協力し合いたいと思います。ありがとうございました。