事業報告2011
事業名 共催事業(岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンター)
2012 いきいきシニアライフセミナー
 いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 ■教育・学習の充実 ■家庭・地域における男女共同参画
■生涯にわたる健康支援
目的 本セミナーは、高齢化が進む社会の中、職場を定年退職して第一線を退いた方々、地域や震災復興支援を含む社会参加の機会を得たいと考える方々が、長年の経験・特技などを生かして、これからの人生を豊かに、そして男女とも自分らしく輝ける毎日をめざすヒントとするものです。
期待される効果 (1)共催により、多くの県民にセンター事業を提供できる
(2)復興支援における、女性の活躍の場、災害対応の実践例等の情報を提供することができる
(3)高齢者の方々へ、充実した第二の人生、社会活動のヒントを提供することができる

日時 2012年2月16日(木)13:30~16:00
場所 アイーナ6階 団体活動室2・3
対象 一般県民、高齢者活動団体、社会福祉協議会、町内会連合会、地域包括支援センターの方々など
主催 岩手県高齢者社会貢献活動サポートセンター岩手県男女共同参画センター
定員 80人
参加人数 75人
内容 開会式
○第1部:講演「シニア世代が活躍する復興支援]

 講師:宮古市 岩手県漁協女性部連絡協議会 会長 盛合 敏子さん
 

○第2部:北の街ナツメロ合奏団(盛岡市緑ヶ丘)

 ■マンドリン等合奏 ■独唱 ■合唱
 

参加者の声  *かつてない大震災を体験された講師の方の内容に感激しました。内陸では体験できないことですが、津波がなくても天災はどんな形で我々を襲ってくるか解りません。 常に防災に対する意識を高めて被害を最小限に止める方策を考えて行きたいと考えております。 貴重な講演ありがとうございました。
*感動しました。私らもこの様な催しを聞き、地域の方々と感動をわかちあいたいと思います。
*津波のこわさは、私達内陸に住んでいる人々は本当に分かりません。マスコミで報じられる事だけです。いつ我が身に、です。
 担当者より 通常の男女共同参画センター主催事業と比較すると男性参加者も多い催しとなりました。盛合さんの講演をきっかけに非常時の女性の活躍、重要性、男女を問わず個々でどのような行動を取るべきか良い学びの場となりました。
北の街懐メロ合奏団の皆さんからは、自己紹介にて被災地での慰問演奏の貴重なエピソードもお話いただきました。合唱では会場が一体感に包まれ、温かな気持ちとなりました。