事業報告2011
事業名 「いわての女性を元気にする!女性起業セミナー
 ステップ3 IT活用コース(1)
 販路拡大とインターネットショップ」
 いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 ■家庭・地域・職場において個性と能力を発揮できる社会づくり
■農林水産業・商工自営業における男女共同参画
目的 本県における農林水産業は全国的にも高い生産高を誇るものですが、少子高齢化や経済不況にともない、地域の過疎化や担い手不足など様々な問題を抱えています。
こうした農林漁業を持続可能で活力するものとするためには、農林漁業における就労の過半数を占める女性の参画が必要です。本事業は、農林漁業に携わっている、又は将来、携わりたいと考えている女性等が、その意欲と能力に発揮し、自らのアイデアで仕事を興すための支援事業として開催するものです。
期待される効果 (1)本県の基幹産業である農林漁業における女性参画の推進に寄与できる
(2)被災沿岸部での開催により、震災復興の一助とすることができる
(3)市町村と連携・協働を図り、本県の男女共同参画推進をすすめることができる
日時 2011年10月17日(月)、18日(火)13:30~15:30
場所 久慈職業訓練校
対象 農林漁業に関する起業に関心がある女性
主催 岩手県男女共同参画センター・久慈市
参加人数 延べ13人
講師 株式会社ホップス代表取締役 工藤昌代さん
内容 講義「販路拡大とインターネットショップ」
○株式会社ホップスの運営(講師の営むインターネットを利用した販売システムや岩手県産商品の販売事例)
○インターネットショッピングサイトの紹介
○販売する前に考えなければならないこと
○インターネットショッピングの疑似体験学習(購入のしくみ)

  
 (会場の久慈職業訓練校)

  

参加者の声  *必要と思いながらパソコンに手をつけずに来ていました。本日、わが家のパソコンも光がさしました。
*話を聴いたことが全部できたら本当にいいんだけど、とにかくパソコンを開くことを心がけます。まずお店に出せるものを研究しなくちゃ。
*Facebookやツイッターとの連携は大変ためになった。
*実際にパソコンの画面を出してやってみたのも良かったと思います。勉強になりました。
 担当者より いま世の中ではこのようなしくみで商品が販売されているということ、消費者ニーズに応えるだけではなく、宣伝戦略をもち、ニーズを作り出すというような工夫が必要になっていることなど、最新情報をみなさんと共有しました。講師の工藤昌代さんの起業体験を交えながらの講義は、ITを活用したビジネスについての関心を高めてもらう一助となりました。
 備考 本事業は、日本マイクロソフト社助成事業2011「農林漁業等に携わる女性のためのITを活用した起業支援事業」に当センターが応募し、採用されたものです。