事業報告2012
事業名   いきいきシニアライフセミナー
いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向  Ⅰ 男女共同参画をリードサポートする人材の育成
  ■教育・学習の充実  ■意識改革と制度・慣行の見直し 
目的 高齢化が進む社会の中、第二の人生を迎えたシニアの男性・女性が、それぞれの視点から経験・知識を活かし、住み慣れた地域で楽しく生きがいをもって過ごせる地域づくりを考え、活性化することを目的に開催します。特に東日本大震災以降の地域社会の絆を強め、復興支援を含む社会参加の機会を得たいと考える方などが、自分らしく輝ける毎日を目指すヒントとします。
期待される効果 (1)復興支援における活躍の場や情報を提供することが出来る。
(2)高齢者の方々へ、充実した第二の人生、社会活動のヒントを提供することが出来る。
日時 平成25年2月19日(火)13:30~15:30
参加人数 91名(定員100名)
場所 いわて県民情報交流センター (アイーナ)8階 812研修室
主催 岩手県男女共同参画センター・高齢者活動交流プラザ
内容 ■13:30
 主催者挨拶 岩手県男女共同参画センター長 野崎 智恵子
■13:35~14:35 講演
 
3.11から学んだこと ~シニアパワーへの期待~ 」
   講師:株式会社高田自動車学校 代表取締役社長 田村 満 さん
     
   「幸運は準備された心に訪れる」というパスツールの言葉を紹介し
   田村さんの経営者としての理念や、3.11当時の状況、田村さんが考
   えるこれからの陸前高田市について、写真を交えながら、とても分
   かりやすく、お話し下さいました。
    日本人のDNAを伝えることが高齢者の役目という最後の言葉は、
   これからの復興になくてなならないものだと、強く感じました。

  
■14:40~14:50 休憩
■14:50~15:20 オカリナ演奏   
     
演奏:音楽(おと)のたね  高橋 純子 さん
   数種類のオカリナを持参頂き、曲に合わせたオカリナで14曲演奏
  いただきました。
■15:20 センターからのお知らせ
■15:30  終了
 参加者の声 田村さんの熱意をすごく感じた。早く陸前高田が復興すれば良いと思う。また、孫たちにしっかり文化を伝えていかなければならないと思う。高橋さんの演奏、心が洗われたようでした。素敵なメロディーとトークでした。(60代 女性)
◆3.11の田村講師の話は、高齢者だからできることを再確認しました。美しい国、豊かな心を忘れていました。大変ありがとうございました。(70代 女性)
◆現場体験を踏まえた話で良かった。今後もこのようなセミナーを希望する。(70代 男性)
 担当者より ・講師の田村さんのお話は、高齢者のみならず若者にも聴いてもらいたい内容でした。特に、陸前高田のまちづくりに関しては「具体的な青写真を見せ、夢を持たせることが大事である。人間は明日を考えられなくなると生きられなくなる。」という言葉が印象的でした。信念をもった生き方は、震災前も震災後も変わらずに貫いており、それが地域づくりや会社の経営にもつながっていると感じました。
・オカリナはあまり触れることの少ない楽器であり、その素朴な音色は会場の参加者のみみならず、新鮮でした。曲に合わせて口ずさんだり、参加者も楽しい時間を過ごしました。