事業報告2012
事業名  男女共同参画サポーター養成講座 
 いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 Ⅰ 男女共同参画をリード・サポートする人材の育成
  ■教育・学習の充実  ■意識改革と制度・慣行の見直し
  ■政策・方針決定への女性の参画拡大
Ⅱ 家庭・地域・職場において個性と能力を発揮できる社会づくり
  ■ワーク・ライフ・バランス  ■地域・家庭における男女共同参画
  ■農林水産業・商工自営業における男女共同参画
Ⅲ 女性に対する暴力の根絶と、女性の健康支援
  ■あらゆる暴力の根絶  ■生涯にわたる健康支援
目的 男女共同参画に興味・関心があり、男女共同参画の推進活動に意欲のある方を「男女共同参画サポーター」として養成し、県及び各地域における男女共同参画の意識の向上と活動の推進を図ることを目的に実施します。
期待される効果 (1)県民の男女共同参画に関する理解、関心を高めることができる。
(2)センターと受講生または受講生同士のネットワークの構築に寄与する。
(3)公開講座の開催により、長期間にわたる講座に参加できない県民の参加を促進することができる。
(4)講座終了後の受講生と各市町村の協働を支援・推進することができる。
日時 平成24年5月17日(木)~11月1日(木) 全14講座
場所 ・いわて県民情報交流センター アイーナ8階803・812
【地域開催】
・宮古市 フラットピア宮古 
・奥州市 市民活動支援センター会議室 
・盛岡市 いわて県民情報交流センター 6階団体活動室
主催 岩手県男女共同参画センター、岩手県
参加人数 のべ683名
 内容 【第1回目 05月17日(木)】
■第1講座「男女共同参画概論」
 講師 
岩手県環境生活部青少年・男女共同参画課 総括課長 千葉 彰
■第2講座「岩手県の男女共同参画の施策」
 講師 岩手県立大学総合政策学部 教授 吉野英岐 さん
■第3講座「国・県の男女共同参画の施策」
 講師 岩手県男女共同参画センター 事業担当職員 晴山玲美
      
 緊張した面持ちで、初日がスタート。
 男女共同参画社会とはどういう社会なのか、これから学んでいく様々な分野の基本を学びました。


【第2回目 06月17日(日)】
■第4講座「いわて男女共同参画フェスティバル2012」
 基調講演「男たちの男女共同参画~仕事だけじゃものたりない!!
       女性だけじゃもったいない!!男女共同参画のススメ~」
 講師 落語家 桂 文也 さん

      
  参加者の身近な“ジェンダー”について、楽しく講演いただきました。
  会場からは何度となく笑いがおきました。
  

【第3回目 07月04日(水)】
■第5講座「ジェンダーへの気づき~いま、そこにある“ジェンダー”~」
 講師 NPO法人 ニューマンサービスセンター 事務局長 深澤純子さん
■第6講座「DVのない社会へ~私たちができること~」
 講師 NPO法人 ニューマンサービスセンター 事務局長 深澤純子さん
■第7講座「国際結婚から見えるアジアの女性と子どもの人権」
 講師 移住労働者と連帯する全国ネットワーク共同代表
    人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)共同代表 大津恵子さん
     
 参加者自身が日々生活していく中で無意識に感じている″ジェンダー”に気づき、それが、DVにも繋がっている可能性が大きい事を学びました。
 午後は、国際結婚をした外国人のDV被害の実態を学びました。身近に感じる事が少ない事例でしたが、これからますます国際化が進む中、避けて通れない問題です。


【第4回目】
07月21日(土)宮古会場・07月28日(土)奥州会場・08月04日(土)盛岡会場
■第8講座
  「先輩サポーターの活動事例から学ぶ 地域の男女共同参画の推進」
 07月21日(土)宮古会場 講師 平成13年度認定サポーター 山口照子 さん
               平成16年度認定サポーター 岩間和子 さん
   
 07月28日(土)奥州会場 講師 平成14年度認定サポーター 菅原圭子 さん
               平成22年度認定サポーター 氏家富士子さん
      
 08月04日(土)盛岡会場 講師 平成20年度認定サポーター 佐藤澄子 さん
               平成18年度認定サポーター 冬川教子 さん
      
■第9講座「ワーク・ライフ・バランス」
 講師 岩手県男女共同参画センター 事業担当職員 晴山玲美
 

【第5回目 9月20日(木)】
■第10講座「男女共同参画の視点からの防災対策
 講師 遠野まごころネット 理事長 多田一彦さん
 
  
「交流人口を拡大したいのならば、今きている人たちを大事にすることです。」と力強く語る多田さん。会場でも、東日本大震災で被災した方、ボランティアとして何度も足を運ばれている方といらっしゃり、多田さんのお話に皆さん聞き入っていました。

■第11講座「農山漁村における男女共同参画」
 講師 はまなす亭店主 庭 静子さん
    80エンタープライズ,INC. 八丸由紀子さん
 コーディネーター 岩手県立大学総合政策学部教授 吉野 英岐さん
      
    洋野町           盛岡市玉山区
    「はまなす亭」店主     「80エンタープライズ、INC.」
     庭静子 さん         八丸由紀子 さん
 以前にも増して精力的に活躍されていらっしゃる庭さん。「大変な事はいっぱいある。金持ちより人持ちに。心を込めて人持ちになって下さい。」穏やかに優しく、そして強く話してくださいました。
 自ら牧場を開墾し、夢だった馬車で盛岡市内を走ることを叶えた八丸さん。「想いがあれば、技術や能力はついてくる。とご自分の体験を交えながらパワフルに、そして元気をもらう笑顔でお話し下さいました。

■第12講座「女性の政策決定過程への参画」
 講師 一関市議会議員  武田ユキ子 さん
    金ケ崎町議会議員 及川みどり さん
    葛巻町議会議員  中崎 和久 さん
 コーディネーター 岩手県立大学総合政策学部教授 吉野英岐 さん
  
 事前に議員の皆様にお願いしていました9つの質問について、回答いただいたものをもとに、お話しいただきました。コーディネーターは第11講座に引き続き吉野英岐先生です。
 ″皆さんのお住まいの市町村では、どれくらいの女性議員が活躍しているでしょうか?” という質問から始まったこの講座。実際の数字を見ると、圧倒的に男性が占めています。
 3名の議員の方からは、市政に女性の視点も重要なこと、男性、女性双方の視点から様々なお話を伺いました。
 各市町村議会が終了した直後のお忙しい中、ありがとうございました。


【第6回目 11月1日(木)】 男女共同サポーター養成講座最終日
■第13講座「研修の成果とまとめ・発表(1)」グループ内発表
■第14講座「研究の成果とまとめ・発表(2)」
全体発表

 
コーディネーター 岩手県立大学総合政策学部教授 吉野英岐 さん

 
5月17日(木)に第1回目の講座がスタートして5か月半。最終回となる第13回・14回講座では、これまでの皆さんの研修の成果をレポートにまとめ、発表しました。
 受講前後でどのような意識の変化や気づきがあったのか、また今後の暮らしの中で遭遇するであろう場面で、学んだことをどのように活かしていけるのか、各自が事前準備(課題レポート)した回答を基に8グループに別れてディスカッションしました。
 グループ内発表では、「わかる!わかる!!」とうなずく姿や、自身は想像もしなかった回答に感心したり、笑ったり・・・・和気藹々としながらも真剣なグループディスカッションが行われました。

     

 
 白熱し過ぎてなかなか次の  グループで出た内容を模造紙にまとめて
  設問に進めません(汗)   いきます。書き方が自由な分難しい!!

 午後はディスカッションの内容を班ごとに発表。持ち時間が7分でしたが、残り1分の時間を知らせるベルが鳴ると。ついつい早口になってしまいます。
皆さん、一生懸命発表する姿に、会場からは大きな拍手が起こります。
     
  班ごとに様々なまとめ方があり、班ごとのカラーが出た発表でした。

 閉講式では、講座全体のコーディネートをしていただいた吉野先生から総評をいただき、今年度認定された41名の対し、岩手県環境生活部長より認定書が授与されました。
 最後に、共に学んだ仲間と記念写真を撮り、お互いの頑張りを労いました。
 皆さん、とてもいい表情でした。5か月半、お疲れ様でした。
 そして、これから共に男女共同参画の推進をしていきましょう!!!

    


参加者の声  ◆様々な分野から男女共同参画を学び、大変勉強になった。自分にとっては男女共同参画の視点を持って踏み出す第1歩にすぎない。これからの生き方を意識して、日々過ごしたいと思います。(50代 女性)
◆全講座を通して、内容が充実していてとてもいい研修になりました。(30代 男性)
◆こういう講座がなければ出会う事が
なかった人たちと会うことが出来て良かったし、考え方がいろいろあるんだと気づきました。(50代 女性)
 担当者より ・長いようで、始まってしまうとあっという間の5か月半でした。受講者の皆さんお一人お一人とゆっくり話す時間がとれなかったのは残念ですが、これから皆さんと共に男女共同参画の推進をしていきたいと思います。