事業報告2013
事業名  男女共同参画サポーター養成講座 
 いわて男女共同参画プランにおける施策の基本的方向 Ⅰ 男女共同参画をリード・サポートする人材の育成
  ■教育・学習の充実  ■意識改革と制度・慣行の見直し
  ■政策・方針決定への女性の参画拡大
Ⅱ 家庭・地域・職場において個性と能力を発揮できる社会づくり
  ■ワーク・ライフ・バランス  ■地域・家庭における男女共同参画
  ■農林水産業・商工自営業における男女共同参画
Ⅲ 女性に対する暴力の根絶と、女性の健康支援
  ■あらゆる暴力の根絶  ■生涯にわたる健康支援
目的 男女共同参画に興味・関心があり、男女共同参画の推進活動に意欲のある方を「男女共同参画サポーター」として養成し、県及び各地域における男女共同参画の意識の向上と活動の推進を図ることを目的に実施します。
期待される効果 (1)県民の男女共同参画に関する理解、関心を高めることができる。
(2)センターと受講生または受講生同士のネットワークの構築に寄与する。
(3)公開講座の開催により、長期間にわたる講座に参加できない県民の参加
  を促進することができる。
(4)講座終了後の受講生と各市町村の協働を支援・推進することができる。
日時 平成25年5月16日(木)~11月7日(木) 全14講座
場所 ・いわて県民情報交流センター アイーナ8階803・812
【地域開催】
・7月 27日(土)北上会場   北上市生涯学習センター 
・ 8月 3日(土)岩手町会場  岩手広域交流センタープラザあい 
・ 8月 24日(土)大船渡会場  大船渡市民交流館カメリアホール
主催 岩手県男女共同参画センター、岩手県
参加人数
 内容 【第1回目  5月17日(木)】
■第1講座「男女共同参画概論」
 講師 
岩手県立大学総合政策学部 教授 吉野英岐 さん
■第2講座「岩手県の男女共同参画の施策」
 講師 岩手県環境生活部青少年・男女共同参画課 総括課長 亀井千枝子
■第3講座「気づきのワークショップ」
 講師 岩手県男女共同参画センター 事業担当職員 晴山玲美
      
 緊張した面持ちで、初日がスタート。
 男女共同参画社会とはどういう社会なのか、県ではどのように推進してい
 こうとしているのかなど、これから学んでいく様々な分野の基本を学びま
 した。

【第2回目  6月16日(日)】
■第4講座「いわて男女共同参画フェスティバル2013」
 基調講演「夢を編む ~違いを認めて自分らしい輝く生き方を~」
 講師 ニットデザイナー 広瀬光治 さん

         
 “男性”“女性”ではなく違いを認め合い、一人一人の個性を生かしていくこ
 との大切さを、自身の体験を交えながらお話しいただきました。

【第3回目 7月18日(木)】
■第5講座「北欧における男女共同参画~ノルウェーの推進事例~」
 講師 ノルウェーに学ぶ会 代表 木村さち子さん 
        
■第6講座「開発途上国における女性や子どもの人権
               ~私たちの隣にある人身売買~」
■第7講座「世界と日本の男女共同参画
                
~グループワークを通して考える~」
 
講師 ポラリスプロジェクトジャパン日本事務所 代表 藤原志帆子さん
         
 

【第4回目 地域開催】
■第8講座「先輩サポーターの活動事例から学ぶ
                 地域の男女共同参画の推進」

 7月27日(土)北上会場(北上市生涯学習センター遊)
 講師 きたかみ男女共同参画サポーターの会 岩淵 麻美さん 

  
  金ヶ崎町男女共同参画サポーター   奈良 勇一さん 
      

 8月3日(土)岩手町 岩手広域交流センター プラザあい2F会議室
 講師 滝沢村男女共同参画サポーター   佐藤 澄子さん
   
岩手町男女共同参画サポーター   松本 良子さん
      

 8月24日(土)大船渡市 大船渡市民交流館カメリアホール
 講師 陸前高田市男女共同参画サポーター   武蔵野美和さん
   
大船渡市男女共同参画サポーター    江刺由紀子さん
      

■第9講座「ワーク・ライフ・バランス~自分らしく輝くために~」
 講師 岩手県男女共同参画センター 事業担当職員 晴山 玲美
      

【第5回目 9月11日(水)・12(木)】
■第10講座 ドメスティック・バイオレンス
      ~加害者が力で支配しようとする理由~
講師   立命館大学応用人間科学研究科 教授 中村 正さん
100名を超える参加者が、”暴力”について、中村さんが携わっている加害者の実例を交え、加害者の心理を学びました。


       
  立命館大学教授 中村 正さん   会場いっぱいの受講生
■第11講座 震災時における男女共同参画の視点
         ~なぜ女性の視点が必要か~
講師 東日本大震災女性支援ネットワーク運営委員    浅野幸子さん
   女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員丹羽雅代さん
この講座は「災害(復興)・防災と男女共同参画に関する人材育成研修」助成事業として、東日本大震災女性支援ネットワーク、NPO法人全国女性会協議会の協力のもと開催しました。
講座では男女で異なる被災経験や実際に東日本大震災を経験したことを振り返りながら、どのように防災、減災をしていけばいいかを学びました。
■第12講座 復興・減災における男女共同参画
         ~女性×男性の視点で総合防災~ 
前日に引き続き10:00~16:30と長時間の受講でしたが、災害発生直後、3時間後、1週間後に発生するであろう問題の洗い出しや、その解決方法につて話し合い、多様性に配慮した視点をもつ重要性を学びました。

      
     浅野幸子さん        丹羽雅代さん
   (東日本大震災女性支援  (女性の安全と健康のための
    ネットワーク運営委員)   支援教育センター運営委員)

      
経験や感じたことを振り返ってみる  真剣に取り組む受講生熱心に
                   講義に聴き入る受講生



【宿泊研修 9月11日(水)】
■選択講座 わたしの3.11 ワークショップ
2日間講座を受講するサポーター養成講座受講生を対象に、希望者のみ宿泊研修を行いました。「わたしの3.11」と題したワークショップでは、それぞれが体験した東日本大震災についてインタビュー形式で伝え、それぞれの思いや経験を共有しました。ワークショップ終了後も、夜遅くまで懇親を深めるディスカッションが活発に行われました。

      
岩手県青少年センターでの宿泊研修 ペアを組んでのインタビューゲーム

【第6回目 11月7日(木)】
■第13講座 岩手県における女性の政策決定過程への参画

講師     盛岡市議会議員  伊勢 志穂 さん

       雫石町議会議員  山崎 留美子 さん

       大槌町議会議員  東梅 守 さん

  コーディネーター  岩手県立大学総合政策学部教授 吉野英岐 さん

 この講座では女性の参画が低い分野の一つである市町村議会議員の方を招きし、議員活動や女性が市政(町政)に参画することの意義など、事前に議員の皆様にお願いしていた12の質問に回答していただく形式で、岩手県立大学教授の吉野英岐さんをコーディネーターにお迎えし、進められました。

 議員の方々からは住民と行政のつなぎ役として、意見書の提出や学習会、報告会を行うなど、住民の声を反映できる活動内容や、女性が政策課程に参画する効果などのお話しをうかがうことができました。

 また参加者からは、議員の方々が身近に感じられた、女性が参画する重要性が理解できたなどの感想が寄せられました。
   
  山崎留美子さん   東梅 守さん    伊勢志穂さん 


■第14講座 研修の成果とまとめ・課題レポート発表

岩手県立大学総合政策学部教授 吉野英岐 さんに引き続きコーディネートをしていただき、516日(木)から始まった本講座での意識の変化や気づき、学んだことをどのように活かしていけるか、グループディスカッションを行いました。

 ディスカッションでは、改めて一人ひとりの意見や考えは違うこと、違った視点からの気づきなど、多くの学びがあったようです。
       
    吉野英岐さん


閉講式

 講座全体のコーディネートをしていただいた吉野英岐さんより講評をいただきました。

 新たに認定された39名の男女共同参画サポーターの皆さんと共に、男女共同参画社会の推進に努めてまいります。
      
 岩手県環境生活部   当センター   最後に全員で記念撮影
風早部長主催者挨拶  長澤センター長閉会挨拶

参加者の声 
 担当者より