目的・運営方針

手県男女共同参画センターは、男女共同参画社会の実現に向けて、県民が自主的、主体的に活動し、交流するために、情報、学習、相談、交流の4つの基本的な機能に沿って事業をおこなう拠点施設として、2006年(平成18年)4月1日にオープンしました。

4つの基本機能

情報機能・・・

男女共同参画に関する様々な分野の情報を広く収集し、県民がいつでも気軽に活用できるようにします。

学習機能・・・
男女共同参画の普及・啓発や、広く県民のライフサイクルに応じた研修、学習活動を企画運営します。

相談機能・・・
県民のライフステージに応じた生活全般から専門分野にわたる総合的な相談を行うとともに、国や県の各相談機関との連携体制を充実させます。

交流機能・・・
団体のためのオープンスペースや展示コーナー等を活用し、男女共同参画に向けた県民の主体的な活動や各種団体の相互の連携・交流を推進します。

4つの運営方針

すべての人に利用され、親しまれる運営をおこないます
性別や年齢、地域を問わず、だれもが気軽に利用しやすい施設とします。又事業の地域開催や市町村男女共同参画担当課の取り組み支援、情報ネットワークの活用などにより、遠隔地を含めた幅広い県民の参加を促進します。

自主的活動、交流、連携を促進します
利用者の自主的な活動を側面から支援します。また、県民や団体間におけるネットワークの構築を図り、相互の情報交流、連携を促進します。

県民参加の運営をおこないます
センター運営協議会を開き、県民の要望・意見を反映させる施設運営につとめます。

アイーナ入居団体との連携をおこないます
NPO活動交流センター、青少年活動交流センター、高齢者活動交流プラザ、子育てサポートセンター、国際交流センター、環境学習交流センターと共催事業を実施するなど効果的な連携と活用につとめます。