トップ>第1回環境学習講座「クリーンエネルギーってなぁに?〜ソーラーカーを作ろう!〜」
menu ゴールデンウイーク1日目にして、ものすごい賑わいでした!!
なんと参加者は全部合わせて22名。プラス付き添いの方々が15名。合わせて37名がセンターの中でひしめき合ったのです!予想をはるかに上回る人口密度でした。()

4つ用意した大きなテーブルが見えなくなるぐらいの人ごみ…。

開始直前に「今から申し込んでも、ソーラーカーを作れますか?」という当日参加のお子様方もたくさんいらっしゃいました。みんなテーブルの上に並べてあるソーラーカーの材料に興味津々!

そしていよいよ開始の時間になりました。最初はみんな緊張ぎみ。背筋を伸ばして座っていました。

スタッフから説明があり、まずはみんなで3階まで長〜い行列を作って大移動!
そしてアイーナの屋根の上に乗っているソーラーパネルの説明を聞きました。そのあと8階まで上ってソーラーパネルを間近で観察しました。


その後みんなでセンターに戻って、まず講師の高木先生から「クリーンエネルギー」や「地球の温暖化問題」についてのお話を聞きました。参加者の子供の中にとっても物知りの子がいて、くわしく温暖化について発言したので、周りにいた大人もみんなビックリしました。

さぁここからがお待ちかねのソーラーカー作りの始まりです。

最初にソーラーカーのボディ部分の切り取り作業です。材料はカラーボードと竹串2本とストロー2本!そしてソーラーパネル式の小さなモーター!まず子どもたちは、タイヤを切り抜くための「コンパスカッター」の使い方が上手にできずに悪戦苦闘(苦笑)。


それでもたくさん来てくれた岩手大学の工学部のお兄さんたちやお父さんお母さんに手伝ってもらいながら、時間をかけてなんとかタイヤとボディーを切り抜きました。しかし、一難去ってまた一難!今度は組み立てるための「グルーガン」の扱いに四苦八苦…。


そして次々と出来た子から電気スタンドの明かりで走るかどうかを確認していきました。

自分の作ったソーラーカーが走り出した瞬間の、子供達の笑顔はとっても輝いていました!!

個性の溢れるいろんな色のソーラーカーが次々完成していきます。3時終了という予定時間を大幅にオーバーして、11人が最後まであきらめずに作り続けました。

そうしてたくさんの困難を乗り越えて、やっと世界でひとつだけのソーラーカーが出来上がりました。子供達は笑顔で大満足の様子!

数人の子供達は外で実際には知らせてみたいと、アイーナの外に飛び出して走らせてみました。…その結果はどうだったかと言いますと、風も強かったこともあり、太陽の力と風の力を受けてなんとか走りました!


たくさんの小学生たちが、自分オリジナルのソーラーカーを手に、元気良くセンターを後にしていきました。仙台から来てくれたご家族もいらっしゃって、ゴールデンウイークの素敵な体験が出来たとおっしゃっていました。
ぜひ、また次のイベントを楽しみにしていてください!

 ご利用方法
 事業内容
 センターの紹介
 講師の派遣
 センターだより「てとて」
 貸出物のご案内
 訪問学習
 センターのイベント情報
 メールマガジン
 県内イベント情報
 りんく
 トップ