十二神 自然観察教育林

 宮古市

重茂半島中心部十二神山東麓にある自然のままに残された原生林。ブナの群落を主体とする天然広葉樹林でケヤキの巨木をはじめ、トチ、ナラなども見られます。人の手を経ずに成長した林相は、多くの動物たちの聖域となっています。清流と広葉樹の織り成す豊かな自然は特に新緑の季節や、秋の紅葉は素晴らしく、太古の営みを体で感じとることが出来ます。

十二神 自然観察教育林
地図

戻る