南八幡平の自然観察スポット

 雫石町

「岩手自然ガイド協会設立準備会」では、例会や自然観察の場所として南八幡平のフィールドを訪れ、自然への感動に触れながら、訪れるたびに違った自然の姿に触れ、感動とともに自然への理解を深めています。写真は、巨木観察会の際のものです。樹の幹周りが3mを越えると、「巨樹」「巨木」の仲間入りになります。幹周りとは、樹木の地面から130cmの高さの周囲を測定したもの。1991年に環境庁が実施した「自然環境保全基礎調査報告」によると、岩手県内で幹周りが3mを越える巨木は1945本あるといい、その内訳は、スギ681本、ケヤキ218本、アカマツ・メマツ138本、カツラ120本、ミズナラ35本、ブナ22本。しかし南八幡平に残る巨樹・巨木の数はこの限りではありません。まだまだ知られざる巨樹・巨木が残っている地域といえます。写真は、「岩手自然ガイド協会設立準備会」が開催した「巨樹・巨木観察会」。

南八幡平の自然観察スポット
地図


1.南八幡平の緑のダム

1.南八幡平の緑のダム

2.平ケ倉沼

2.平ケ倉沼

3.平ケ倉沼の星座観測

3.平ケ倉沼の星座観測

4.小松倉山

4.小松倉山

5.小畚山

5.小畚山

6.秋田駒ケ岳

6.秋田駒ケ岳

7.貝吹岳
7.貝吹岳

8.志戸前川
8.志戸前川

戻る