駒ケ岳山麓

 金ヶ崎町

金ヶ崎町の有する広大な自然駒ケ岳山麓は、県内陸南部の胆沢平野から西に峰を重ねる焼石連邦の北端に位置する。雪の多い山城で、春の残雪が馬の形に残ることが山名の由来と言われている。駒ケ岳山頂からの眺望は素晴らしく、北に遠く岩手山や和賀地城の山々が見える。夏油高原スキー場のゲレンデ、牛形山や経塚山などの焼石連邦、栗駒山から東に北上川流域の平野、そして屋根型の早池峰山まで360度のパノラマである。

駒ケ岳山麓
地図

戻る