安倍の道

 奥州市

胆沢町内に点在する地名や、神社を訪ね歩くと、源頼義、義家親子と安部貞任、宗任兄弟の戦となった前九年の役にゆかりの深いことに気づく。康平五年(一〇六二年)九月、衣の館をすてて厨川柵へ退く時のルートが安部の道として伝えられている。源氏の大軍をして二八幡神社、替馬壇、兎口柵、大歩等、胆沢の大地を舞台に壮絶な闘いを強いられた貞任の目に、晩秋の安倍はどのように映っていったのでしょうか。

安倍の道
地図

戻る