展勝地は北上川舟運の要衝

 北上市

交通・流通の要衝としての歴史は近年に始まったことではない。市の中央を滔々と流れる北上川は、古くから物資輸送の動脈であった。ここに生まれたのが北上川舟運である。北上市はその要衝であり、平安中期には安倍氏によってすでに活用されていたといわれる。その後、藤原三代、盛岡・仙台両藩の回米運送路として重要な役割を担ってきた。写真は展勝地レストハウスの対岸が黒沢尻の河岸で、北上川舟運の要衝であった。

展勝地は北上川舟運の要衝
地図

戻る