鵜鳥神社夫婦杉

 普代村

樹齢400年とも500年とも言われる樹高約50mの杉の老大木。地面から数メートルのところで主幹が二つに分かれ、それぞれ天にそびえ、安産と夫婦円満を象徴する神木として信仰を集めています。夫婦杉は鵜鳥神社の遥拝殿から奥宮殿に至る参道の脇にあります。昭和59(1984)年10月、チョウセンアカシジミと時期を同じく村の文化財に指定。根の部分を傷めないように柵をめぐらすなど、保全に努めています。

鵜鳥神社夫婦杉
地図

戻る