寺久保の大イチョウ

 二戸市

樹齢は500年を越え、近づく者を圧倒する迫力を持っていますが、枝は下を向いて生長していることから「逆さイチョウ」の名が付いています。このイチョウにはこぶ(乳)があり、今にも乳白色の滴りが垂れそうですが、古木にしか発生しないこのこぶは、樹皮のコルク質が発達して表面が柔らかくなるためにできたものです。乳房状のこぶから出る樹液を飲むと母乳の出が良くなると云い伝えがあり、古くから人々に親しまれてきました。下斗米字寺久保。幹周り/9.5m(植栽)

寺久保の大イチョウ
地図

戻る