桂に桜

 二戸市

このカツラは、地上3mのところで4本に枝分かれしており、大枝の間からカスミザクラ(この地方では、カバザクラ)の木が生え、春にはカツラの若葉を背景にサクラの花が咲くことから、地元では「桂に桜」と呼ばれています。なお、花が咲くようになったのは、20年程前からだそうです。野々上字中屋敷。幹周り/6.0m

桂に桜
地図

戻る