舘のエゾエノキ

 二戸市

エゾエノキ(蝦夷榎)は山地に生え、高さ15〜20mになる木で、実は黒く熟し、果柄が長いのが特色です。また、国蝶・オオムラサキの幼虫の食用となる葉は互生し、長さ4〜9cmの卵形で洋紙質です。エゾエノキは神社や寺の境内に植えられているものも多く、古来より民間信仰と結びつき、御神木や縁起木として尊重されたり、また、村境や一里塚の標識木として用いられてきました。和山家のエゾエノキは家の鬼門の方角に立ち、先祖代々、魔除けとして守られてきたものと思われます。白鳥字舘。幹周り/3.8m

舘のエゾエノキ
地図

戻る