大平のオオバボダイジュ

 二戸市

オオバボダイジュ(大葉菩提樹)は山地に生え、高さが10〜20mになる木で、初夏に淡黄色の香りの良い花を咲かせます。花序の苞はシナノキ科の中では一番大きく、老木になると樹皮が縦に浅く裂けるのが特徴です。また、このオオバボダイジュの先は、宝の誘導板にも書かれているミズバショウ群生地に通じています。足沢字大平。幹周り/3.0m

大平のオオバボダイジュ
地図

戻る