下構のカヤ

 二戸市

二戸市で一番大きなカヤの木です。カヤはイチイ科の常緑高木で、葉は線形で独特の匂いがあり、かつては、実から油を絞り、灯りとして使用していた時代があったそうです。カヤノキは雌雄異株、材は硬く良質で、彫刻材・碁盤・将棋版として古くから重宝されてきました。カヤは二戸市では大変珍しい樹木で、今後とも大切に育てて欲しいものです。仁左平字下構。幹周り/2.4m

下構のカヤ
地図

戻る