蒼前稲荷神社のサワラ

 二戸市

二戸で一番大きなサワラの木です。この地域は、冬期間季節が強く、家囲いのため植えられたと思われます。サワラはヒノキによく似ていますが、葉の先が尖り、材質はヒノキより劣ります。しかし、水湿に強く、白色で匂いが少ないため、米びつや桶に使われます。野々上字潰谷地(蒼前稲荷神社)。幹周り/3.47m(植栽)

蒼前稲荷神社のサワラ
地図

戻る