演武場跡のトチノキ

 二戸市

二戸市で一番大きなトチノキの巨木です。地元の人々は、「袖窪のトチノキ」と呼んでいます。一見3本の木のように見えますが、根元は1本です。トチノキは「山の王者」とも呼ばれ、谷川に向かってしっかりと太い根を下ろし、干ばつでも沢山の実をつけることから、村人たちは長い間、救荒植物としても大切に守ってきました。また、トチノキから取れるハチミツは高級品です。金田一字新田野。幹周り/4.6m

演武場跡のトチノキ
地図

戻る