聖地浮金山十三仏

 宮古市

奇岩・巨岩のミステリーゾーン。長沢の旧神倉分校より南川目を奥へ2.5qほど入ったところに十三仏がある。橋を渡って約50m程行くと、案内板があり、そこが入り口となっている。そこから山に入り登ること約15分くらいで山の中腹に大小の奇岩群が現れる。天高くそそり立つ岩や、崖の上に突き出た岩等、色々の岩場のあちらこちらに十三仏碑、その他の石碑合わせて約40基程が点在している。ここは古くからの霊場であったものに、鞭牛が再興開山したもので、宝暦5年(1755)から宝暦10年(1760)街道の開削の合間をみながら再興が行なわれた。鞭牛和上は、百姓達の苦しい生活、悪路による犠牲者の数々を見聞きし、宝暦8年閉伊街道の開削をタガネとゲンノウのみの手堀りではじめ、難所の開削を次々と行なった。そして、その偉業は天明2年73才で大往生するまで続けられた。

聖地浮金山十三仏
地図


1.阿彌陀仏と母の胎内
1.阿彌陀仏と母の胎内

2.阿彌陀仏と母の胎内
2.阿彌陀仏と母の胎内

3.今上皇帝の碑
3.今上皇帝の碑

4.薬師如来
4.薬師如来

5.廣目天王
5.廣目天王

6.奇岩
6.奇岩

7.井戸跡
7.井戸跡



戻る