道祖神跡と羽衣の桜

 西和賀町

この周辺は夏になると、休耕田にサワオグルマが咲き乱れ、バックの和賀岳とマッチしてとても美しい所です。道祖神は明治前半まで人が亡くなるとそこに石を一つずつ置いたと言います。今は共同墓地に埋葬するので使われていません。近くに昔一本の桜の木があって「羽衣の桜」などと言っていたのですが、雪で折れてしまい。いま新しく幼木を植えました。[植物の生育]

西和賀学園

道祖神跡と羽衣の桜
地図

戻る