内野小児童が鉄の精錬にチャレンジ!

 一関市

内野小学校3年生以上の児童14人が、鉄の精錬に挑戦しました。この体験は、町の鉄文化を知ろうと、刀匠菅原平さん(82)=大原=が会長を努める郷土史顕彰をグループ「ホッパの会」の協力で4年前から行われています。児童は、6月中旬から砂鉄川での砂鉄採取や溶鉱炉作りを行い、精錬しました。

内野小児童が鉄の精錬にチャレンジ!
地図

戻る