沢内村の田園

 西和賀町

沢内村は沢内甚句に「沢内三千石お米の出どこ」と歌われ、盛岡藩の隠田として重要視された。また、湯田町と同様に豪雪地帯として有名だが、積雪を氷室として活用し、イチゴをはじめとした野菜やリンドウなどの花きの制御栽培に活かす取り組みなどが積極的に推進されている。また、こうした活雪農業の推進とともに、真夏の雪氷祭りといった、他にはない特色ある催しに雪が活かされている。

沢内村の田園
地図

戻る