そばと水車の里「森のそば屋」

 葛巻町

「森のそば屋」の起業のきっかけは、大正時代から地域で使われてきた「高家領水車」という共同水車小屋だった。昔からそば打ちは一家の母さん(祖母)の仕事であり、母さんたちはそばの粉を挽くために水車小屋へと行き、井戸端会議をしたという。高家さんは「江刈川では当たり前のように使われている水車と、母さんたちの打つおいしいそばをテーマに、地域のみんなが参加できるような、祭りのようなものができるのでは」と考えて再現した。

そばと水車の里「森のそば屋」
地図


1.そばと水車の里「森の
1.そばと水車の里「森の


2.そばと水車の里「森の
2.そばと水車の里「森の

3.そばと水車の里「森の
3.そばと水車の里「森の

4.そばと水車の里「森の
4.そばと水車の里「森の

戻る