アテルイ広場

 奥州市

アテルイが初めて歴史上に登場したのは延暦8年(789)の「巣伏の戦い」で、アテルイ軍は進行してきた万の朝廷軍をわずか1500万人の兵で退けた。この撃退を記念すべき年として平成元年に結成されたのが「延暦八年の会」である。写真は、水沢市にあるアテルイ広場。縄文時代の火焔土器に力強いアテルイをイメージし、巣伏の戦場をにらんでいる。

アテルイ広場
地図

戻る