ストーンサークル

 八幡平市

"松尾村寄木畑地区の通称釜石にあり、発見者は柏台の工藤栄三郎氏。昭和27年8月県社会教育課山内氏、慶応大学江坂教授による調査、同11月県文化財専門委員板橋源岩大教授、慶大松本、江坂教授による予備調査を経て昭和28年5月発掘調査、遺跡の全貌が明らかになった。それによると、この遺跡は縄文末期(2,500〜2,600年前か)の人々によって作られたもので、祭祀跡ではないかという説が有力な環状列石(ストーンサークル)。環状列石群の中央のものは直径12メートルもある大型なもので、その中央には火を炊いた跡のある径 1.5メートルの石囲いがある。当時、このような完全に保存された形で見つかることは少なく、学術的にも極めて貴重な遺跡であると報告されている。しかし、調査結果については概要報告書と関係写真が残るのみで、詳しい報告書はだされていない。また、同時に出土した矢ジリ、石剣、石棒、石皿、磨石、石匙、小刀や土器、土偶なども慶大の考古学教室から戻っていない。写真はさくら公園内に復元されたストーンサークル。"

ストーンサークル
地図

戻る