水沢市埋蔵文化財センター

 奥州市

古代東北の民、蝦夷たちについてはまだまだ謎も多いが、当時の歴史を紐解く数多くの資料を展示紹介しているのが「水沢市埋蔵文化センター」である。豊富な発掘資料や映像によって、延暦21年(802)の胆沢城造営からアテルイたちの処刑へと流れる「古代蝦夷の世界」を知ることができる。写真は、「漆紙文書は胆沢城の時代を知る貴重な資料」と話す水沢埋蔵センターの展示解説員の佐藤祥子さん。

水沢市埋蔵文化財センター
地図

戻る