館石野T遺跡

 八幡平市

浜岩泉地内にある約3、4千年前の縄文時代中期末から後期前半のものと推定される集落跡です。東北や北海道では環状列石がよく見られますが、この遺跡は蛇行しながら直線状に数十メートル延びる大列石が特徴で、他に類例がなく極めて貴重なことから、平成9年5月、県の史跡文化財に指定されています。

館石野T遺跡
地図

戻る