炭焼き釜

 盛岡市

山の石を積み上げて炭釜にする。腰高1m30位。(屋根は含めず)屋根には平っぽい石を使う。(ダンゴ石ではなく)白炭を焼く釜。火力が高く、値段も黒炭より高いので、この辺は、みな白炭を焼いた。奥山などの大木は手びきで黒炭にした。(直径30以上は黒炭にした)

炭焼き釜
地図

戻る