光林寺(中寺林)

 花巻市

1280年にひらかれた時宗の寺で、寺林城主・河野通重の嫡子、通次が開墓し、彼は後に時宗の開祖一遍上人に帰依し、その協力を得て念仏道具を造ったといわれています。宝蔵庫に多くの重要文書を収蔵。美しい庭園には、カシワの巨木がひときわ目立っています。

光林寺(中寺林)
地図

戻る