城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区

 金ヶ崎町

保存地区は、近世紀において伊達領上胆沢郡西根村であり、北上川以西では領内の最北で南部領との境に位置していました。伊達氏は領内に21の要害を置き、大身家臣に治めさせ、その一つである、金ヶ崎要害は北上川と胆沢川の合流点の舌状大地上にある。北上川に沿って要害を取り囲むように武家地、南北に走る奥州街道の南北両端に足軽屋敷、中央部に町人地が形成され、要害は樹木帯によって周囲の河川や田園地帯とは明確に区画されている。金ヶ崎要害の骨格は、寛永21年(1644)に移封された大町定頼によって整備されたと考えられている。保存地区は東西690m、南北980m、面積約34.8haの範囲で、かつての要害と武家地のほぼ全域にあたります。武家地内の小路はほぼ江戸時代のままで、鉤形や桝形、弓形の道路を組み合わせ城下町特有の形態を示し、各屋敷地はサワラヒバの生垣で区画され、北西方向にはエグネと呼ぶスギの屋敷林をはじめとして、さまざまな樹木が植えられています。武家住宅は寄棟造茅葺の建物で、小路に沿った生垣とその背後の屋敷林の合間から武家屋敷の大きな屋根が見える景観は、当地方の武家地の典型的な姿を良く伝えている。写真は小路と屋敷との境に植えられているサワラヒバの生垣、そして、水路の土留めの役割を果たしていた石積み。

城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区
地図

戻る