アジア民族造形館

 野田村

日本初のアジア民族文化展示施設です。アジア各地の独特な建造物のほか、野田村に残る約200年前に建てられた南部曲がり家を改装した展示館も。館内には、アジア各国から集められた貴重な民族資料が陳列されており、見応え充分です。敷地内には、陶工房「のだ焼」、懐かしい田舎料理が味わえる「庵日形井」。また、近くには、曲がり家の休憩施設「苫屋」、ご家族ゆっくり過ごせる公園「アジアの広場」があります。施設敷地入り口に設置されている。かまどの神様のお面「かま面」、展示館の一つの曲がり家。家長の腕の長さを基準に、入り口の幅や、高さを決めるタイのカレン族の高床式住居。

アジア民族造形館
地図


1.タイ・カレン族高床式
1.タイ・カレン族高床式


2.南部曲がり家(展示館)
2.南部曲がり家(展示館)

3.のだ焼が体験できる!
3.のだ焼が体験できる!

4.庵日形井
4.庵日形井

戻る