安代町漆器工房

 八幡平市

安代町の良質の漆と原森に恵まれ、藩政時代より「荒澤漆器」として広く知られていましたが、戦後、プラスティック漆器の台頭などで生産が低迷していまた。安代町漆器工房では、この伝統ある漆器の復興を目指し、新たに国産漆をふんだんに使用し、下地から塗り重ねる「安比塗」。その鮮やかな発色と堅牢さで多くの皆様に支持いただいています。

安代町漆器工房
地図

戻る